« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月24日 (月)

3月22日のこと;晴、五分咲き

先週はまだ咲き始めだった密蔵院の安行桜が、五分咲きになったというのでお花見に行ってきました。先週よりも花も多くなり、人も多く出ていました。人は、お花見だけでなくお墓参りの人も多かったです。お彼岸ですからね。そして、鳥も多く見かけました。多くはヒヨドリで、写真もヒヨドリです。メジロも少しだけ見かけましたが、体の大きなヒヨドリに気圧されてか、あまり桜に寄ってきていませんでした。しかしヒヨドリ、蜜を吸っているうちに頭に下にしている姿をよく見かけますが、器用というか、頭に血が上らないか心配になるというか。

2014_0322_131646_k

少し雲が出たものの、晴れの青空。桜色が良く青空に映え、お花見日和、写真日和の土曜日でした。

2014_0322_134344_k

(PENTAX K-30+18-135WRにてJB撮像、埼玉県川口市、13:45頃)

3月21日のこと;晴、風の強いお彼岸

お彼岸の中日、春分の日でお休みです。暑さ寒さも彼岸までとの言葉がありますが、昨日までの寒の戻りが少し残っていて、風も強い日となりました。でも、この写真で見ると、何だか夏を思わせる陽の力ですね。これも一つの逆光勝利?

2014_0321_152222_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、15:22頃)

3月20日のこと;雨、三寒四温

昨日に続いて寒の戻りの、肌寒い日になりました。そして、朝から雨でした。

2014_0320_075146_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:50頃)

2014年3月21日 (金)

3月19日のこと;晴、寒の戻り

昨日は春一番だったそうですが、日中を屋内で過ごしていて、その風を感じ損ねました。今日は吹き返しの北風で寒の戻りです。こちらはしっかり感じました。ちょっと損した気分? マフラーは置いて出たものの、冬のコートに逆戻りです。

2014_0319_075318_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:55頃)

3月18日のこと;晴、春のもや

目立った雲は無く晴れの朝でしたが、春のもやが出ているようで、透明度がやや低く、青にかける空でした。温かくなるのはうれしいですが、空の青さも欲しい。無いものねだりですね。

2014_0318_075136_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:50頃)

3月17日のこと;晴、赤旗はためく

国会議事堂前駅を出ると、赤旗が多数はためいていました。何事かと思いましたが、ベトナム要人の来日の歓迎ですね。

2014_0317_124204_s

空は晴れ。暖かいというほどでもないけど、寒くない、この時期らしい陽気で、コートなしで歩いても大丈夫な日でした。

2014_0317_123830_s

(リコーCX6にてJB撮像、東京都千代田区、12:40頃)

2014年3月17日 (月)

3月16日のこと;晴、安行桜は咲き始め

去年は3月20日 に行った密蔵院へ行ってきました。お寺のウェブサイトではまだ咲き始めとのことでしたが、昨日今日の暖かさで進んでいるかなと思いましたが、そう一足飛びに咲くものでもありませんでした。

2014_0316_122106_k

(PENTAX K-30にてJB撮像、埼玉県川口市、12:20頃)

上の写真は山門へ続く参道です。ここが咲くと、桜のアーチできれいなのですが、まだ花はチラホラでした。下の写真は、マクロレンズでアップにしたもの。いつも咲いてからしか撮りに行かないので、つぼみの写真はこれはこれで撮るのが楽しかったです。

2014_0316_131156_k

さてそろそろ帰ろうかという頃に、猫を見かけました。猫というと抜き足差し足の歩き方ですが、この猫さんは”のしのし”という感じの、貫録のある歩き方でした。写真で改めて顔を見ると、何というか、こう、おやじくさい顔をした猫です(苦笑)。この顔でのしのしと歩くこの猫、この辺のボス猫かもしれないですね。

2014_0316_140500_k

2014_0316_140514_k

2014年3月16日 (日)

3月15日のこと;晴、春になりました

早く終わるかと思ったら意外と長く、雪の多かった冬もやっと終わりのようです。一昨日の雨を境に、暖かくなりました。昨日は手袋もマフラーも使わずじまい。そして今日は週末、土曜日。カメラを片手に近所を散歩すると、梅が咲きほこり、そこにメジロやヒヨドリが来ていました。

2014_0315_142744_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、14:25頃)

2014_0315_143826_s

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »