« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

9月18日のこと;晴、盛岡市内

東北旅行最終日は晴れ。昨日よりも雲が増えましたが、うろこ雲と乾いた空気が秋の気配を伝えてくれます。ホテルで自転車を借りて、市内を見て回りました。

2013_0918_093500_s

最初は城址公園・盛岡城へ。不来方城という方が、自分の中ではしっくりきます。

2013_0918_095208_s

かつて銅像があった台座。銅像の主は南部家42代にして陸軍騎兵中尉 南部利祥。日露戦争に従軍し、明治38年3月4日に井口嶺にて戦死。時期からして、奉天会戦での戦死でしょうか。中尉の像にしては大きく立派だなと思いましたが、案内書きを読み進んで氷解しました。

案内書きを転記します。
「その功績は明治維新の際朝敵の立場におかれた南部藩の汚名をそそいだものとして、五千数百名の賛同者集まり、帝室技芸員として著名な彫刻者新海竹太郎氏に委嘱し、 利祥中尉騎乗の姿を鋳造し、明治四十一年九月この地に建設したものである。」

戊辰戦争から30年以上が経った日露の頃に、戊辰戦争の陰影が強く奥羽越の地にあったことを今に伝えています。

2013_0918_095728_s

城址からさらに橋を渡り、中ノ橋エリアへ。旧岩手銀行本店です。

2013_0918_104102_s

改修工事中で見れないかもとの情報に接していましたが、雄姿に触れることができました。写真では写っていませんが、川に面した方には青いネットが張られ、工事中のようでした。

2013_0918_103842_s

盛岡には他にも古い建物が多く残っていました。これは旧岩手銀行本店近くで見かけた建物で、「小原寫眞館」の看板が掲げられていました。2階部分までぶち抜きの、白い人魚の像が目を引きます。大正なのか昭和に入ってからなのか、きっと、かつては今以上に目立つ存在だったのではと思いました。

2013_0918_132726_s

こちらは中央郵便局の近くで見かけたライト寫眞館。写真が今ほど一般的でない一方、ハイカラでハレの日に撮るものだった頃の雰囲気が伝わってくる、そんな盛岡の街でした。

2013_0918_151602_s

光源社の辺りで日没になりました。朝も夕も、岩手山が盛岡の街を見守っています。

2013_0918_171638_s

さよなら、岩手。今回は前半が荒天と重なってしまったので、三陸にはまたいつか再訪したいと思います。

2013年9月28日 (土)

9月17日のこと;快晴、小岩井農場

東北旅行の三日目です。台風一過の快晴になりました。予定変更で盛岡に来たので、予定のない日でした。思い立って、小岩井農場へ行くことにしました。田沢湖線で小岩井駅へ行き、そこからバス。乗り換えの手間など考えたら、盛岡から直行バスで良かったですが、二駅だけですが、田沢湖線経験でした。

下の写真は、小岩井駅からまきば園へ向かうバスの車中から。秋のさわやかな、高原の空気に満ちています。

2013_0917_101208_s

農場内を案内してくれるツアーがあるというので参加しました。入場した後のオプショナルツアーではなく、ツアーにおまけとして入場券がついているもの。案内先もまきば園の外で、旅行業法の適用を受けるツアーの位置付けにしているようでした。ちょっと変わった、面白いことをしているなという印象を受けました。下のバスで。約70分のガイドを受けます。

2013_0917_112434_s

宮沢賢治の時代から引き継がれ、使われている本部建物。山手線内の半分ほどもある広い農場を、バスで効率的に回れ、通常は見ることができない建物などを見ることができ、農場の歴史も勉強できて、いいツアーでした。牛舎などは防疫上の理由で下車せずに車内からの見学ですが、これは仕方ないですね。それでも十分に新鮮でした。

2013_0917_113500_s

ツアーが終わってまきば園内へ。入ってすぐあたりにあったあずまやには風見鶏がついていましたが、望遠で見ると…。鶏じゃなくって牛! 風見牛でした。さすが牧場。

2013_0917_104200_s

これは食堂の入り口、ドアノブにあたる部分です。

2013_0917_135014_s

こんなところにも羊が。

2013_0917_135158_s

そして、牛さんもいます。

2013_0917_135226_s

園内で一番気に入ったのが、この天文館。広場などからは離れていて、ここまで来る人は少なめでした。星を見るとき用の寝転がれる縁台のようなものが置いてあって、快晴の空の下、その台の上に寝転がってしばし日向ぼっことお昼寝でした。極東魔術昼寝結社、昼寝の部。

建物中には望遠鏡が展示され、また、カフェになっていて、目の前に広がる放牧地を見ながら紅茶が飲めます。夜の星空見学会も開催しているようで、来てみたいなぁと思いました。さぞかし星が多くみられるんだろうなぁ。

2013_0917_152304_s

天文館の前には馬車鉄道が引かれています。レールが引かれていて、そこの上を馬車が進みます。トロ馬車というそうで(トロッコ馬車?)、今は観光用ですが、明治の頃は、駅から農場まで、そして農場内の有力な輸送手段だったそうです。

2013_0917_140354_s

岩手山をメインにするか、馬車を被写体にするか。私の好みとしては上の写真だけど、小岩井農場の思い出の旅写真としては下かなぁ。快晴の澄んだ空、動き回ってもさほど暑くない気温。写真を撮るのが楽しい一日でした。

2013_0917_154436_s

牧場を囲む鉄線にたくさんの赤とんぼ。リサイズすると分かりにくいですが、左側のトンボの下の白っぽい丸いものは蜘蛛です。立派な蜘蛛の巣をいくつか見かけました。

2013_0917_140900_s

私は羊~。暑いのか、日陰で休んでいました。天文館に、手作りの羊の写真集があったのですが、子羊成長のアルバムなど、癒され、感動しました。

2013_0917_153652_s

夕方に盛岡市内へ戻ってきました。川はまだ増水していました。

2013_0917_172104_s

日が落ちた空には、きれいな月。K-30と18-135WRの組み合わせは、旅カメラとして最強です。

2013_0917_172308_s

2013年9月25日 (水)

9月16日のこと;大雨時々普通の雨のち快晴、久慈から盛岡へ

東北旅行の二日目です。明け方は止んでいたそうですが、朝食を済ませ行動開始の頃には本降りの雨です。久慈駅前から、海岸行きのバスに乗り、あまちゃんのロケ地に向かいました。台風が接近している中で海辺に出るのもどうかと思いながら、バスが出ているならまだ大丈夫と判断して向かいました。

路線バスで停留所を経由しながら、駅から小袖海岸までは約30分でした。途中から一般車乗り入れ禁止でしたが、理由がよくわかりました。リアス海岸。片側が山肌で片側は海。そこにへばりつくように道が通っていますが、バスが通ると対向車とのすれ違いは無理です。所々に退避所が設けられていて、そこを使っての通行でした。ここに、道に慣れない観光客がレンタカーで突入し、観光バスも入ったら…。惨劇が目に浮かびます。海岸の手前に臨時駐車場が設けられていて、車で来た観光客はそこでバスに乗り換えて、あまちゃんロケ地へ向かうことになります。

2013_0916_093502_s

ここがバスの終点で、ここからがあまちゃんのロケ地です。ここには家人のリクエストで行きましたが、私はあまちゃんは見ていないのでわかりません。そこで、私なりに目についたものの写真を。
右手の建物には漁協支所と看板がありますが、1階は郵便局でした。地方に行くと、集落の中心が農協と郵便局と営林署というのはよくある光景ですが、漁協と郵便局の合築(同居)というのは、寡聞にして見たことがありませんでした。

2013_0916_093322_s

左のテントで見かけた椅子に「選管」の文字。想像ですが、あまちゃん効果で急に観光客が増えた。混雑を避けるために一般車を禁止してバスで誘導。でもバスの本数が少なく待ち時間がある。待ち客のために臨時に場所を設けるけど、急な手当はできない。選挙の時以外は眠っている選管の備品を投入。そんなところでしょうか。そんなことを想像しつつ、テレビ効果で急に盛り上がるのも、お迎えする地元は大変だなぁと思ったりしました。また、あるものでやり繰りして観光客をお迎えする姿勢がいいなぁとも思いました。邪推ですけどね。

2013_0916_095246_s

ロケ地紹介の写真の下には、津波の際の避難マップ。見慣れた、でも猛烈な違和感は、ロケ風景の写真に写った都内の個人タクシー。まさか、NHKはここまでタクシーで…。ではなくって、このタクシーもロケ風景だそうです。

2013_0916_095804_s

この日は休漁でしたが、魚目当てのいつもの行動なのか、堤防の内側で休んでいるのか、海鳥を多く見かけました。カモメだと思って撮っていたけど、写真で見るとウミネコかな。

2013_0916_095948_s

雨が酷くて現場では気づきませんでしたが、上で鳥が止まっている岩、よく見ると柱状節理みたいですね。伊豆半島でも見かけます。地学の授業で習ったけど、確か、溶岩が海に落ちて急に冷えた時に六角形などの柱状に固まったもの。で合っているかな。以前は火山活動があったなら、温泉もあると良かったのになぁ。

2013_0916_123232_s

この日の晩は宮古に宿を予約していました。海辺沿いの散策路と、部屋からの朝日が売り物で、今回の宿で一番奮発したところです。さて、宮古行の三陸鉄道初乗車と、改札も済ませて並んでいたら、「運休」の無常のお知らせ。代行輸送があるか聞いても、駅員さんも混乱していて、「わからない」とのこと。

2013_0916_142338_s

八戸へ戻る八戸線も運休して、頼みはバス。朝、駅前でJRバスを見ていたので、電話で確認すると盛岡便は運航の予定とのこと。それを前提に、宮古の宿をキャンセルしました。無念です。でも、「こんな状況ですから」と、キャンセル料を請求しなかったホテルの方に感謝です。で、バスの時間を待っていたら、三陸鉄道の係員が「代行バスが出ますが乗る人いませんかー」と声掛けして歩いています。うぅ、ちょっと遅かったです。

それと、久慈ありすのスタンプは在庫切れとのことで入手できず。別にそんなに欲しかったわけではないけど、そう言われると無性に悔しくなります。

2013_0916_155522_s

さて、バス。アイフォンでサイトを見るも、高速バスで検索してもヒットしません。それもそのはず、2時間半以上も走るながらも、高速道路は使いません。何故なら、高速が近くを通っていないから。故に、高速バスではなく都市間バスでした。急場にバスを調べたり電話番号を調べたりは、スマホは便利でした。

2時間半以上も乗るけど、2×2配置のシートで、トイレはありません。その代り、途中、葛巻の”まちのえき”でトイレ休憩がありました。これはその時の写真。雨どいが壊れているわけでなく、こんな勢いの降りでした。

2013_0916_164844_s

山道を抜け、その後は銀河鉄道に沿って走ります。これは銀河鉄道沿いに出てからだと思いますが、川が増水しているようでした。その後、倒木で渋滞もありました。

2013_0916_173806_s

14時半に久慈を出て、17時半頃に盛岡へ到着。盛岡へ着いた時には雨は上がっていました。開運橋脇の北上川も増水していました。

2013_0916_173820_s

木は河川敷にあったのだろうと思いますが、完全に川の中でした。その後、夕食のために外出した頃、19時頃だったと思いますが、その頃には空は快晴で、月がよく見えていました。

13091612

天気図は気象庁から借用しました。

2013年9月24日 (火)

9月15日のこと;曇のち雨、三沢から久慈へ

遅い夏休みを取り、岩手へ旅行に行ってきました。遠野、花巻、小岩井、宮古、盛岡。岩手は好きな土地でしばしば行きましたが、ここの所足が遠のいていて久し振りの岩手です。私にとっては三沢基地祭と八戸線の旅で、家人にとっては「あまちゃん」ロケ地巡りの旅行です。

2013_0915_082132_s

台風18号が接近していて不安でしたが、今更休みの予定は変えられません。心配していた羽田~三沢便は定刻通り運航の報に接して、Goです。羽田は曇りでした。地上は曇りでも、空に上がれば晴れだろうと雲海を期待していましたが、あいにくと、ほとんど雲の中の飛行でした。せっかく早起きして窓側の席を確保したのに…。雲の中を飛びながら、ほとんど揺れなかったのが救いか。しかし、機内サービスでは「揺れが予想されるので、温かい飲み物の提供は中止します」とのことでした。

2013_0915_103412_s

羽田を5分遅れで飛び立ちましたが、三沢到着は20分遅れに。機内アナウンスでは、「航空ショウで自衛隊機が発着しているために着陸が遅れます」とのアナウンス。機内には同じ目当ての人がチラホラ居たようで、「発着しているってことは飛んでいるってことだよね」なんて会話が聞こえてきました。

が、三沢に下りると、雨。空港から基地まではタクシーで移動しましたが、本降りの雨です。傘もさしましたが、ポンチョも投入する羽目になりました。持ってて良かった。会場では、米軍のP-3Cの下が、格好の雨宿りエリアになっていました。海自の機体はロープの向こうで近づけず、こうはいきません。

2013_0915_104750_s

暗い、モノトーンの空の下では、T-4のオレンジがとても鮮やかに、そこだけが色彩のある空間でした。さて、飛んでくれるかなぁ。

2013_0915_131756_s

大好きなE-2Cたち。浜松にいると思っていたけど、今は三沢にいたんですね。最近、この手の知識の取得をさぼっていました(汗)。航空ジャーナルなどを読まなくなって久しいです。

2013_0915_132414_s

雨の中で簡単な昼食も済ませ(ポンチョ着て濡れながら食べてると、08小隊のオープニングが脳裏をよぎりました)、ブルーインパルスを待ちます。雨で来場者が少ないのか、最前列付近に陣取れました。が、無情にも地上滑走だけのコール。13時なのにライトがこんなに明るく見えるほど暗く、雲底も低かったからしょうがないですが、残念至極です。

その頃から雨が酷くなり、土砂降りの雨に叩かれながら、敗残兵のように基地を出て、三沢駅へ向かいました。その時のタクシーの運転手さんに聞いたところでは、今日も人出は多いとのことで、雨だからと言って少ないかなと思ったけどそうでもないようでした。

2013_0915_142744_s

青い森鉄道に初めての乗車です。基地祭対策で臨時列車が出ていましたが、2両編成で満員です。先行列車の待ち合わせで発車が遅れ、濡れた靴で長く立っているのがいささかしんどかったです。

2013_0915_150802_s

そんな辛さのなぐさめは、中吊りの鉄道むすめ。

2013_0915_160504_s

これは八戸駅で見かけたポスター。こちらは十和田観光電鉄、弘南鉄道、青い森鉄道、津軽鉄道、南部縦貫鉄道の共通キャンペーンの物のようです。

2013_0915_160702_s

ブルーが飛ばなかったことで予定を早め、16:10発の八戸線に乗車しました。早くなったので景色が見れるなと、災い転じて~を期待して発車を待ちます。が、大雨の影響で10分遅れての発車。そして、本八戸に着いたところでしばらく停車した後、大雨によりここで運転打ち切りとのアナウンス。タクシーで代行輸送するとのことで、乗客は目的地別に集合です。久慈まで行くのは、私たちを含めて5、6人だったようです。

ワイパーが効かないほどの大雨の中を走るうち、まだ17時台だというのに真っ暗で、景色を見るどころではありません。ただ、乗り合わせた方も三沢基地祭帰りの方で、基地祭の話やカメラの話などしながらの楽しい道中になりました。

2013_0915_193802_s

18時半頃に、何とか久慈駅に到着です。

2013_0915_192926_s

ホテルへチェックインし、さて、夕食。出発前に少ないサイトを見ながら調べた時に、駅近くの寿司屋で日曜定休というのは見ていました。ホテルのフロントで、この近くで海鮮が食べられる店はありますかと聞いたら、日曜定休が多いんですよという答え。え、そうなの。地図には多くの店が書かれていましたが、今日もやっているはずと丸を付けてくれた店は2軒のみ。駅前の方に出てみましたが、台風の影響で臨時休業か店を探せません。駅から離れた方の居魚屋(←誤字に非ず、こういう看板でした)は営業していて、やっと人心地ついて、おいしく夕食をいただきました。

ふぅ、いろいろあって長い一日でした。

2013年9月23日 (月)

9月14日のこと;曇時々晴、直らなかったカメラ

CX6を9月1日に修理に出したのですが、「1週間くらい」と言われたのになかなか連絡が来ません。この週末の旅行に持っていくつもりだったので、12日にリコーへ電話したところ、以下のようなやり取りが。

〔私〕受付時は1週間程度と言われているのが、今日まで何の連絡もないのですが。
〔リコー〕受付番号を教えてください。
〔私〕受付票の受付番号欄は空欄です。
〔リコー〕…、機種番号とお客様の電話番号を教えてください。
〔私〕×××です。
〔リコー〕これは明日(金曜日)に発送します。
〔私〕…、週末に使いたいのですが、金曜に発送したら土曜日に着きますか?
〔リコー〕では、今日中に発送します。

というやり取りを経て、無事に金曜日に届きました。そして今日、試し撮り。

2013_0817_175740_s

修理前(8月17日)

2013_0914_172616_s

修理後(9月14日)

画面の左側の上辺付近と下の方。数は減ったけど、黒い丸い染みのようなものが相変わらず写り込みます。直っていない(泣)。リコーの修理拠点は土日はお休みで連絡できないので、明日からの旅行はこれを持って行ってきます。

空は、晴時々曇でした。やや雲量の多い空。

2013_0914_172416_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、17:25頃)

2013年9月22日 (日)

9月13日のこと;晴、はたはた

朝は積雲や層積雲が多く出て、かつ、もやがかったような白っぽい空でしたが、昼にはだいぶ雲が取れ、青空が広がりました。国会近くでは、旗が掲げられ、はたはたと風にひらめいていました。ただ、一定の風ではなく巻いたような風で、きれいにはためくところを撮るのに、少し立ち止まって風を待ちました。

2013_0913_121744_s

2013_0913_121820_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、東京都千代田区、12:20頃)

記憶にない国旗で、どこの国かなぁと調べてみたら、モンゴルの国旗でした。

外務省:岸田外務大臣によるアルタンホヤグ・モンゴル首相への表敬

9月12日のこと;快晴

雨は昨日一日で過ぎ去り、快晴の朝となりました。9月も半ばとなり、秋の空です。

2013_0912_074330_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、7:45頃)

9月11日のこと;小雨

川口では小雨が降っていましたが、都心で地下鉄を降りると曇り空。吹く風は涼しく乾燥した感じで、あまり雨の気配は感じません。狭い範囲での、ちょっとした小雨だったのでしょうか。

2013_0911_075340_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、7:55頃)

9月10日のこと;曇

夜に小雨が降りましたが、曇りの日でした。そして今日も、雲の合間から見える空は濃いめの青でした。

2013_0910_082422_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、8:25頃)

9月9日のこと;曇のち晴

明け方、暑くて目が覚めました。ただ、暑さの盛りのほどではなく、冷房を入れるほどではなく、水を一口飲んでまた寝ました。とは言え、目覚めなくて済む程度に涼しくなってほしいです。空は曇り時々晴れ。雲量が多いながら、雲の切れ間からは青空が見れました。

2013_0909_075130_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、7:50頃)

2013年9月21日 (土)

9月8日のこと;愛知探訪 ~その3 常滑市~

今日は常滑訪問です。知多半島は、半島の東岸と西岸の海岸沿いに鉄道が通っていますが、その間の移動が難題です。まぁ、地元の人は自家用車なのでしょうが。今回は、知多半田駅前から、セントレア行きのバスに乗り、常滑駅前で降りました。日曜日の14:12発の便でしたが、半田駅前から乗ったのは、私を含めて5人程度でした。その後、所々で乗り降りがあったものの、乗客が10人を超えることはなかったように思います。

2013_0908_145400_s

常滑駅前から、案内表示と地図を見ながら進みます。最初の大きな交差点で、木造3階建ての古そうな建物を見かけました。旅館として現役の建物のようでした。

2013_0908_150134_s

その交差点を過ぎると登り坂です。でも、苦にならない坂です。というのも、擁壁に猫の焼き物がたくさん埋め込まれています。

2013_0908_163844_s

これは家田明博氏作の「子育て」。どの猫にも、作品名(モチーフ)と作者名が明記されていました。とこなめ招き猫通りとのことで、プレートによれば、平成18年度の常滑市の事業で、中心市街地活性化事業とのこと。

2013_0908_164418_s

この擁壁を見下ろすように、巨大猫が! 車の大きさと見比べてください。しかしこの猫、この歩道を歩いていると、角度が上過ぎて気付けません(苦笑)。

2013_0908_151300_s

上に行き、橋の方から見るとこんな感じ。右下に小さい焼き物の猫が置いてありますが、これが普通の猫サイズ。

2013_0908_151450_s

焼き物の街ですが、さすがにこの大きさは焼き物ではありません。裏に回るとこんな感じ。というか、散策路沿いに歩くと、先にこの舞台裏が見え、回り込んで初めて猫に会えます。

2013_0908_150424_s

この巨大招き猫から焼き物街が始まります。いたるところに、このようなレンガ組みの煙突が残っています。

2013_0908_151712_s

おや、何かいる…。

2013_0908_151706_s

壁と軒先にも猫(焼き物?)が。さすが、「♪芸術のまち トコナメ・シティ」です。

2013_0908_155704_s

店先の籠の中にも、猫。

2013_0908_155442_s

自販機を見守るようにも、猫。

2013_0908_160026_s

この日の天気は雨のち曇り。雨だと坂道を歩くのがしんどいかなぁと危惧しましたが、常滑へ向かうバスの車中で雨は上がり、事なきを得ました。そして、焼き物街のカーブミラーで一枚。よく狙うシーンではありますが、今回はいい感じに撮れたかな。

9月7日のこと;愛知探訪 ~その2 半田市~

細井平洲記念館から名鉄タクシーで太田川駅へ移動し、そこから名鉄で知多半田に行きました。「フキが美味しい東海市」という歌詞を思い出し、タクシーの運転手さんに聞いたところ、海寄りのところで栽培していて、他にも玉ねぎ、イチジクの栽培が盛んという話でした。

2013_0907_140014_s

駅を降りると、新見南吉生誕百年の横断幕がお出迎えです。

2013_0907_140516_s

クラシティに入ると、東浦未来、南知多マリナ、武豊乙姫、大府あかねのチラシが貼られていました。いろいろ作っています。

2013_0907_145542_s

歩いても行けるエリアなのですが、楽しようと自転車を借りました。 ちょっと変わっているなと思ったのは、各自転車に「寄贈 半田南ロータリークラブ」とか、「協賛 半田信用金庫」というステッカーが貼られていたこと。資金を募ってステッカーを車体に貼る。F1方式? カイゼンと節約の愛知ならでは工夫でしょうか。

2013_0907_150536_s

クラシティなど、駅前は近代的な趣きですが、少し離れると古い家並みが残っています。これは和菓子の松華堂。

2013_0907_150610_s

こちらは日の出食堂と看板に書いてありましたが、営業していたか不明です。

2013_0907_150904_s

そして運河。先の古い家並みと運河の間には、ミツカン酢の工場などが広がっていました。

2013_0907_150934_s

空はいい感じに積雲。が、この一時間ほど後には本降りの雨になりました。

2013_0907_162740_s

路地を入ったあたりにも古い建物群があり、同じようにレンタサイクルで回っている人を数組見かけました。

2013_0907_162952_s

この建物は登録文化財のプレートが出ていましたが、半田市観光協会が使っているようでした。目を引いたのは、建物と建物をつなぐ屋根のところに、逆茂木があったこと。大商家ならではの防犯対策でしょうか。

2013_0907_163154_s

「♪酒造で有名半田市よ」。建物脇の看板には「ようこそ、醸造蔵が立ち並ぶ半田運河の街へ」とのキャッチ。残念ながら、夕方が迫り、雨も降り出したのでここには入らずに撤収しました。

9月7日のこと;愛知探訪 ~その1 東海市~

しばしば愛知・知多半島に行くようになったのですが、気になりながらも、ほとんど知多のことを知らずにいます。そこで今回、帰省ついでに時間を作り、少し知多半島のあちこちを訪ねてみることにしました。べ、別に知多娘。の聖地巡礼じゃないんだからねっ。いえ、聖地巡礼です。というか、取っ掛かりがないので、「胸キュンHUNT!知多半島」の歌詞に出てくるところをキーにして回ってみました。

2013_0907_120702_s

最初に行ったのが、東海市。聚楽園駅で降りました。まず、この駅名が読めませんでした。後で出てくる平洲記念館の人に行き方を電話で尋ねた際に「じゅらくえん」と言ったら「しゅうらくえんですね」と訂正されました。すいません、何も知らない初心者です。名鉄名古屋から約30分で到着です。

2013_0907_120428_s

駅は無人駅でした。今まで下りたことのあるほかの知多の名鉄の駅は有人駅ばかりだったので、これはちょっと予想外。でも、改札は自動改札で、ICカード対応でした。なお、駅にはコインロッカーもありませんでした。下調べが足りなかった。荷物を持って行動開始です。

2013_0907_120458_s

駅を出るとロータリーと駐輪場になっていて、そこにへいしゅうくんが立っていました。

2013_0907_120912_s

「でっかい大仏」は、この階段を上った先です。地図で見た時は駅前すぐだと思っていましたが、確かに駅前ですが、結構上ります。

2013_0907_121354_s

大仏に着くころにはどっと汗をかいていました。この大仏さん、当初は宗教施設としてではなく、実業家が大正天皇御大典記念として計画し、昭和天皇御成婚記念事業として完成したという来歴が面白く思いました。近くに立っていた看板は、「大仏寺市民公園」とあり、東海市が建てた看板のようでしたが、「管理者 住職 伊藤道宣」とも書いてあり、来歴に関心が募ります。

2013_0907_121728_s

知多娘。中の東海しゅうは、鉄鋼の街のアイアンガールという位置付けですが、聚楽園の駅前は愛知製鋼の大きな工場で、大仏の公園からは見渡す限りの工場で、工場萌えの人には、これはこれでいいロケーションなのではと思いました。

次の訪問地、細井平洲記念館へ行くには、バスの時間が合わずにタクシーを利用。しかし駅前にはタクシーはなく、電話で呼びます。

2013_0907_132746_s

東海市立細井平洲記念館 郷土資料館、全景。全景と言いつつこちらは増築部分。入口は旧館の方にあります。

2013_0907_132944_s

建物の前に坐像。この像の来歴も、かなり興味深いものがありましたが、長くなるし、割愛。機会を見つけてもう少し調べてみたいところです。

2013_0907_132014_s

館内は、平洲の書などを展示した展示室(許可を得て撮影しました)、地元の遺跡の出土品などを展示した郷土資料室、関連書籍などを展示した学習室からなっていました。

記念館へ行く時に乗ったタクシーの運転手さんは「5年ほど運転手をしているけど、手前の駐車場までは来たことあるけど、建物の前まで着けるのは初めて」と話し、記念館へタクシーを呼ぶ時には、記念館までと伝えたのですが、電話口で「住所はわかりますか」と確認されました。その反応からして、あまり観光客が来る場所ではないのかもしれません。印象としては、地元の小学生などの学習の場という感じでした。

9月6日のこと;曇、ちょっと夕焼け

今朝もあさがおが咲きました。でも、花が小さくなり、そろそろ終わりかな。小さいながらに円形にぴんと張った、形のいい花でした。

2013_0906_073350_s

早退して秋葉原へ。久し振りに、日のある時間に小物屋やパーツ屋をのんびりまわりました。18時頃、夕焼けというか夕映え。朝はほぼ雲量10の空でしたが、夕方にはほとんど雲は取れて晴れに。明日も晴れかな。

2013_0906_180044_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、東京都千代田区、18:00頃)

9月5日のこと;明け方に激しい雷雨

明け方、ドーンという音で目が覚めました。激しい雷雨です。起きてみると部屋の様子が変です。何が変なのかと思ったら、停電していました。停電がすごく久し振りなので、何が起きているのか、寝ぼけた頭ではすぐに理解できませんでした。

7時頃に起きると雨は止んでいましたが、一面の曇り空。写真は西の空で白っぽい感じですが、北の空には乱層雲や層積雲がうねり、黒い雲が多かったです。

2013_0905_074510_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、7:55頃)

2013年9月 9日 (月)

9月4日のこと;曇のち雨、台風が鹿児島へ

起きてベランダへ出ると、雨が降った跡がありました。夜の間に降ったようですが、南の空には灰黒い雲が広がっていて、怪しい空模様でした。下の写真を見るとまぁまぁ晴れているみたいですが、空全体では曇でした。

2013_0904_080506_s

テレビの気象情報では、台風17号が鹿児島に上陸したと告げていました。台風は上陸後に温帯低気圧に変わったとのこと。
21時頃に帰宅しようとした時、ちょうど雨が降り始めたところのようで、駅の出口で雨宿りをしている人が十名弱いました。天気図を見ると、台風から変わった低気圧から前線が伸びており、これによる雨だったようです。

2013_0904_082106_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、8:20頃)

9月3日のこと;晴、クリアな夏空

「残暑お見舞い申し上げます」は処暑をとうに過ぎた9月には使ってはいけない表現かな。しかし、残暑というには夏そのもののような空でした。数は少ないながら、朝顔も咲きました。

2013_0903_072058_s

透明度の高い空で、遠くのビルもくっきり見えていました。その点では夏というよりも秋の澄んだ空だったのかな。しかし、クリアな青空に、純白度の高い積雲の組み合わせは、梅雨明け直後のような空でした。

2013_0903_084816_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、東京都千代田区、8:45頃)

2013年9月 8日 (日)

9月2日のこと;晴、今日から予備機

暑さで目が覚め、冷房を弱めに入れてから寝なおしました。9月に入ったものの、まだ暑さが続きます。空は曇のち晴。報道では、午後に越谷で竜巻が発生したとのことでした。

2013_0902_074514_s

(キャノンIXY 25ISにてJB撮像、埼玉県川口市、7:45頃)

CX6を修理に出したため、今日から予備機のIXY 25ISを持ち歩くことにしました。最近のコンパクトデジカメとしてはやや大振りなCX6に慣れた後だと、IXYがとても小さく感じられます。

2013年9月 7日 (土)

9月1日に見かけたもの;エヴァバス

カメラの修理で行った新宿で見たもの。駅西口でエヴァバスを見かけました。この日はK-30を首から下げて歩いていたので、すかさずレリーズ。コンパクトデジカメよりも、起動が早いデジタル一眼はこういう時に重宝です。何の宣伝だろうと思ったのですが、写真で見ると小田急箱根高速バスと書いてあります。箱根の聖地タイアップですかね。

2013_0901_1229241_s

2013_0901_122928_s

9月1日のこと;晴、カメラの修理

これは31日の晩、寝る前のことです。土曜の晩だからと夜更かししてしまい、寝る前に外の気温はどんなかなと出てみたら、東の空に月と木星が並んで光っていました。寝るのは後回しにし、K-30と三脚を持ち出してしばし撮影でした。

2013_0901_023518_s

2013_0901_024534_s

(PENTAX K-30+18-135WRにてJB撮像、埼玉県川口市、2:45頃)

明けて日曜日、新宿のペンタックスサロン、いや、名前が代わってリコーサロンかな、に、CX6を修理に持っていきました。ペンタックスの一眼は、清掃は即日で見てくれて助かっています。その流れで持っていったのですが、リコー製品は預かり修理とのこと。ウェブサイトを見ていて、そうかなぁとは思ったものの、リコー系のサポート拠点が板橋で、かつ、平日しか営業していないのでダメもとで行きましたがやはりだめでした。一週間ほどの預かりで、代引きで宅配になるとのことでした。清掃・修理代金は、保証期間内なので無償です。

空はほぼ快晴で昨日に続いて暑い日になりました。ニコンにも行き、あの展望台のようなスペースから都下を見まわしたところ、中天は雲がなく快晴のように見えましたが、地平付近は、北も南も雲が出ていました。

2013_0901_121944_s

(PENTAX K-30+18-135WRにてJB撮像、東京都新宿区、12:20頃)

2013年9月 6日 (金)

8月31日のこと;晴、恐るべき猛暑

昨日は「暑さは峠を越したか」などと書きましたが、すいません、なかったことにしてください。許してください。今日は再び猛烈な暑さでした。8月も今日で終わりだけど、暑さはまだ終わらないぜと、夏が戦いを挑んで雄叫びをあげてるかのような、恐るべき暑さでした。

この写真を撮った後、30~40分ほど車を運転していたのですが、流れる汗を拭きながら、シートに接する尻や背中がじわじわ汗ばむ不快さと闘いながらの運転でした。時々冷房を入れてはいましたが、非力な車なので途端にアクセルが重くなります。窓を開けていられる時は開けていましたが、汗との戦い。また、冷房を入れていても日差しがさえぎれるわけではないので、陽に焼かれてやはり汗。本当に参りました。

2013_0831_134414_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、13:45頃)

8月29日に見かけたもの;東京タワー×スカイツリー×なぎなた

歩道に立っていた港区の掲示板が目に留まりました。おや、あの絵は何?

2013_0829_154523_s

あぁ、今年の国体は東京で開催なんでしたっけ。その中で、なぎなた競技が港区内で開かれるようです。ポスターは東京都でなく港区が作ったようです。いや、企画・製作が港区実行委員会で予算は東京都なのかな。謹啓で絵になるのは鉄骨組み合わせの東京タワーだなぁと、構図の妙に感じ入りました。

2013_0829_154515_s

8月30日のこと;晴、暑さは峠を越したのかな

ここ数日、冷房をタイマー投入しなくても、暑さで目覚めてしまうことがありません。やっとこの夏の暑さも峠を越したのでしょうか。そういえば、昨日今日と、集団登校の小学生や、お迎えのバス待ちの幼稚園児を見かけました。まだ8月だけど、そろそろ学校が再開しつつあるのかな。長い夏休みも終わりですね。朝顔も、盛りの時のようなはりがなくなり、水を吸う力も弱くなったような気がします。

空は晴れ、やや雲が多かったです。弱い南風でしたが、熱風ではなく心地よい風でした。

2013_0830_072016_s

2013_0830_075414_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:55頃)

8月29日のこと;晴、光芒

晴れた朝、高いところの雲に光芒。急ぐ足を止めて、2枚だけ撮って歩き出す。見えるけど撮れないということも多いのに、今日は見た感じに写し取れました。こんな時に限ってゆっくり立ち止まる時間がなく、しかもゴミが写り込むカメラとは…! 早く修理に出さなくては。

2013_0829_084354_s

(リコーCX6にてJB撮像、東京都千代田区、8:45頃)

2013年9月 5日 (木)

8月28日のこと;快晴、青 青 青 ゴミ

空は快晴、暑さは引き続き。でも、あの熱帯夜のひどさは和らいできました。秋までもう少し、かな。早く涼しくなってほしいけど、そうすると朝顔ともお別れです。もう少し、朝顔を楽しみますか。

2013_0828_072240_s

2013_0828_075308_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:55頃)

地に朝顔の青、空に夏空の青。昨日今日と、水蒸気が少ない感じの、クリアな青空が続きました。秋の空が近づいていると信じてます。右側の電柱の上の白いものは、一昨日に続いて朝の月。ほぼ半月かな。

一方、クリアな青空だと、ほこりの写り込みがごまかしが効きません。いや、こんなに大きくてはごまかしようもないのですが。週末に、サービスセンターに持ち込む予定です。

2013_0828_072156_s

2013年9月 4日 (水)

8月27日のこと;晴

朝は遠くの地平付近に積雲が出ていました。昼頃はほぼ快晴の空。とは言え、空がこの狭さでは、地平付近の低いところに雲が出ていても見ることかなわず。実際の雲量はどんななのかはわからずじまいです。

2013_0827_124344_s

(リコーCX6にてJB撮像、東京都千代田区、12:45頃)

2013年9月 3日 (火)

8月26日のこと;快晴のち晴、百日紅と残月

朝は巻積雲が南東の空に少し出ていたものの、雲量1以下の快晴の空でした。比較的乾いた澄んだ空で、青色が心地よいです。その青に、朝の白い月が残っていました。

写真は、右に百日紅、左に月。写真は引き算の芸術で、何を画角から出して何を残すか。いろいろなものを詰めすぎると散漫になるので、何を撮りたいかを絞り込む、撮りたいものにフォーカスする。それはわかっているのですが、今朝はどちらかに絞れませんでした。しかしまぁ、真を写すという写真、あるいは日々の空を記録し続けるというこのブログの性格からすれば、この光景は間違いなく今朝の真の姿なので、それを持って良しとさせてください。

2013_0826_074224_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:40頃)

2013_0826_183252_s

夏休みが取れないまま8月が終わりつつありますが、9月に休みが取れることになりました。どこへ行こうかなと家人と相談し、岩手県へ行くことに決めました。浄土ヶ浜だけは行ったことがあるのですが、三陸鉄道に乗ったことがなかったので、一部バス代行ですが、私はそれがメインの一つ。家人にとってはあまちゃんのロケ地巡りが目的の一つです。

2013_0826_180400_s

岩手県は、銀座に東京事務所、というか、いわて銀河プラザという物産館を開設していると知り、パンフレットなどをもらうために行ってきました。場所は歌舞伎座の向かい側。改築なってから初めて歌舞伎座を見ましたが、行き交う前照灯の中で白く輝いていました。

2013_0826_195510_s

銀河プラザは、パンフレット充実。しかし、あまちゃん関係の物は数えるほどで拍子抜け。まだこの特需を捕まえられていない、波に乗れていない感じ。しかし、パンフの作成には時間も金もかかるから、そう機動的にはできないか。そんな中、会場内ではあまちゃんのオープニングテーマが無限リピートで流れていて、もう完全に洗脳されて帰ってきました。気づくと、何やらお土産が袋一杯(^^;。岩手県産豚肉使用のベーコン、大変おいしくいただきました。

8月25日のこと;雨時々曇、雨中の総火演

機会を得て、陸自の総合火力演習を見学してきました。楽しみで前夜はよく眠れませんでした。5:45の目覚ましのベルで飛び起きて雨戸をあけると、あれ、雨? 開催するのか疑わしくなるほどの降りでしたが、ラジオからは開催のアナウンスが流れました。

雨合羽を着て、さらにその上からポンチョを着こんで待機していると、10時の状況開始の頃には小降りになり、後段演習の頃にはほとんどやみました。しかし今度は霧が出てきて、前段も後段も、弾着エリアは目視できず、AH-64以外の航空部隊はほとんど参加せずの演習となりました。

写真は地上展示の頃の様子です。この頃やっと傘が不要になりましたが、見学を終え、帰路に着くと再び雨に降られました。とは言え、あいにくの天気ではありましたが、得難いものが見れた一日でした。

2013_0825_134532_s

2013_0825_134620_s

(PENTAX K-30にてJB撮像、静岡県御殿場市、13:45頃)

この日はK-30を持っていきました。K-30の連写機能も試せましたが、それ以上に、防滴防塵仕様を試す日となりました。砂塵舞う会場での防塵効果には期待していたのですが、まさか、防滴仕様の方がより有用な日になるとは。しかしおかげで、K-30に助けられ、雨にもかかわらず多くの写真が撮れた日でした。

2013年9月 2日 (月)

8月24日のこと;曇、猫の夕涼み

平塚へ帰省しました。実家の近くには、何か所かよく猫のいるポイントがありました。もう実家を出て何年にもなるので猫も移り変わっているかなぁと思いながら、猫センサーを稼働させながら歩いていくと…。いました、フェンスの向こうに猫発見。

2013_0824_172002_s

そーっと覗き込むと…。「シャー!」。すいません、怒られました。やっと日中の暑さも去った黄昏時。夕涼みの邪魔をしてごめんなさいでした。

2013_0824_172012_s

空は、川口も平塚も曇り空。平塚の方が涼しく感じましたが、家族に聞いたら、平塚も暑かったけど昨日今日は涼しくなっているとのことでした。

2013_0824_180330_s

(リコーCX6にてJB撮像、神奈川県平塚市、18:05頃)

8月23日のこと;曇、さらにカメラのごみ問題

昨夜、羽田経由で埼玉に帰ってきました。千キロ以上の彼方に行っていたのに、あっという間に日常に戻って平常運転です。

今朝も朝顔は咲きましたが、プランタ二つで2輪のみという寂しい状況。朝は気が付かなかったけど、花の下の方に、もう種ができています。空は一面の曇り空。夏空の下でないと、朝顔も元気が出ない、咲く気になれないのかもしれませんね。

2013_0823_073712_s

2013_0823_074358_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、7:45頃)

昨日、デジタルズーム時に染みが写ると書きましたが、今度は広角で撮った時に、見るからにごみが写り込むようになりました。この写真だと、右側の電線の当たりです。いよいよサポートセンターに持ち込まないといけないようです。

8月22日のこと;晴、九州二日目

昨日は九州の北の方にいましたが、今朝は南の方で朝を迎えました。東京も暑かったですが、福岡も、鹿児島も暑いです。空が澄んでいて、爽やかな感じがするのが違うところでしょうか。

2013_0822_081112_s

(リコーCX6にてJB撮像、鹿児島県鹿屋市、8:10頃)

2013_0822_081242_s

飛行機雲が出ているのを撮っていました。2枚目はデジタルズームです。帰宅後にパソコンのモニターで見ると、黒く丸い染みのようなものが複数写っています。遡って他の写真も見ると、8月17日に、やはりデジタルズームで撮った写真にも写り込んでいますが、光学ズームで撮っている限りは出ていないようです。昨年10月に購入して、まだ一年経っていないのですが…。CCD上のごみなどなら光学ズームの写真にも写る気がします。CCDのごみなどは今までに何度もありましたが、この症状は新しいパターンのような気がします。

8月21日のこと;晴、九州へ

K-30の実質的なデビュー戦は、出張のお供になりました。朝の川口はべた曇りだったものの、雲の上はいつでも晴れ。

まだK-30のクセがつかめていませんが、あまりクセのないカメラかも。K-mもK-xも、普通に撮ると、アンダー好きの私の目にもアンダーな感じの露出になったのですが、K-30は輝くまぶしい積雲を撮っても、白に引っ張られることもなく、だいたい適正な感じで撮れていました。好みの範囲内のことかもしれませんが。1枚目の、雲の上の濃紺の世界の色がよく出て、これはうれしい写真になりました。

2013_0821_110746_s

(PENTAX K-30にてJB撮像、羽田~福岡、11:05頃)

2013_0821_114608_s

(PENTAX K-30にてJB撮像、羽田~福岡、11:45頃)

8月20日のこと;晴、ペルセ余話

朝は巻層雲がすーっと、まさに刷毛で刷いたように出ていて出ていて清々しいのですが、湿度が高めで、まだ暑い夏の気温でした。そんな中でも、朝顔が一服の清涼感。

2013_0820_072554_s

昼頃には、だいぶ雲が増えて一雨来そうな気配もありましたが、まだ晴れの範囲でした。

2013_0820_115938_s

(リコーCX6にてJB撮像、東京都千代田区、12:00頃)

2013_0820_211456_s

ペルセウス座流星群の時期も終わりました。今年は月の条件は良かったものの、天気が良くなかったですね。その少し前に入っていた、ケーヨーD2の新聞の折り込み広告を見て、何というか、苦笑いしていたというか、頭を抱えていたというか…。

気持ちはわかる、宣伝担当者の気持ちはわかるんですよ。子供たちは夏休みだし、流星のことがテレビでも話題になっているし。でも、輻射点の精密観測でもするのでない限り、流星を見るのに望遠鏡はいらないどころか、望遠鏡のアイピースなんかのぞいていたら、見れるはずの流星さえ見逃してしまいます(^^;。でもまぁ、望遠鏡で流星を見ようと書いていないので、イメージ広告ってことなんですかねぇ。

8月19日のこと;快晴、ツバメの手旗信号

K-30に敗れて、8月19日の空写真としては使わなかった写真ですが、やはり誰かに見てもらいたくって、こちらもアップします。

ツバメが毛づくろいしているところを見かけたのですが、CX6のズームはこういう時に便利です。電線が丸太のような太さに見えます。それだけアップにしているということ。今見返すと、ツバメが手旗信号を送っているようにも見えて、そこはかとなくおかしいです。

2013_0819_160914_s

2013_0819_160948_s

2013_0819_161022_s

(リコーCX6にてJB撮像、埼玉県川口市、16:10頃)

8月19日のこと;快晴、新しいカメラ

新しいデジタルカメラを買いました。機種はペンタックスのK-30です。出た時から視野率100%のファインダーや、防滴・防塵仕様など、こなれた価格なのに他社の上位機種のような存在が気になっていました。K-50が出て、店頭在庫が減りつつある一方、価格がさらにこなれてきたので決断しました。
購入したのは8月5日だったのですが、かつての自分なら信じられないことに、この日まで箱たら出すことすらしていませんでした。やっと今日、試し撮りです。

Imgp0007_s_2

(PENTAX K-30+18-135WRにてJB撮像、埼玉県川口市、18:10頃)

充電していたら出遅れてしまい、もう日の入の時間です。今日は全てオートピクチャーモードで撮っています。

Imgp0008_s_2

(PENTAX K-30+18-135WRにてJB撮像、埼玉県川口市、18:10頃)

手持ちで月がこれだけ撮れたのに驚きました。満ちた月は黄色い円盤のようにしか写らないことが多いのですが、ちゃんと模様が描写できています。

Imgp0022_s_2

(PENTAX K-30+18-135WRにてJB撮像、埼玉県川口市、18:20頃)

日没後に、夕涼みをしている猫を見かけました。飼い猫ではなく外猫のようですが、あまり人を恐れずに撮らせてくれました。暑さで夏バテして、駆け出す元気もなかったのかな。若い猫かと思ったら、今年子供を産んだ母猫だということでした。

試し撮りで夕焼けが撮れ、月も撮れ、猫も撮れ、幸先いいスタートです。新しいカメラを手にしたら写真が撮りたくなるのが人情というとさか先輩の言葉を思い出しつつ、この先の被写体に思いを巡らせています。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »