« 4月28日のこと;快晴、ピンが立つ空 | トップページ | 4月30日のこと;曇、ぶらぶら »

2013年5月 1日 (水)

4月29日のこと;晴、空を切り取る

今日の空は浜松町駅の西側の空です。ここの高架(歩道橋)は空が開けていて、東を見ると新幹線や在来各線が望め、西には東京タワーが見え、私の撮影ポイントの一つです。夕方近くにモノレールを降り、そろそろ夕焼けかなとこの場所へ来ました。

CX6は35mm換算で28mmから300mmをカバーしています。この場所で広角側で撮るとこれ位入ります。ミッドクラスのコンデジなのでしょうが無いと割り切っていますが、収差(歪み)が大きいので、道の両側のビルが大きく内側に倒れ込み、妙な、不安定な印象になります。

2013_0429_173220s

夕焼けの太陽、東京タワーをメインにしつつ雲を入れるならこれ位まで切り詰めるのかな。

2013_0429_173202s

上の写真だと筋状の積雲は入るけど、せっかくそこそこ開けた場所だし、巻層雲も入れたいなと思い、このくらいまで広角側に寄せてみました。すると、でもやはり、ビルの倒れ込みが気になります。

写真は切り取る、切り詰めるものだとよく言われますが、空の広さを撮りつつどこまで切り詰めるか、悩ましいものです。特に都会で空を撮っていると、余計な人工物はあまり入れたくないけど、空は広く撮りたくて、悩み倍増です。とは言え、基本はいつも一番の広角でまず撮って、ちょっとズームしてみると言うあたりで撮っているかな。

2013_0429_173151s

(リコーCX6にてJB撮像、東京都湊区、17:30頃)

ところで余談ですが、こういう歪みは「たる収差」って言うものだと思っていた、覚えていた(つもり)でしたが、書くのにふとgoogle先生に聞いてみたら、「たる収差」で検索するのに「次の検索結果を表示しています: 色収差」と言われました。キーワードを変えてみると、「樽状収差」ならあるのね。むむ、たる収差は用語としては正しくないのか…。でもでも、候補として色収差かなんて言ってこずに、知ってるなら「もしかして樽状収差?」って言ってくれればいいのに何て、googleに八つ当たり気味の私です。

« 4月28日のこと;快晴、ピンが立つ空 | トップページ | 4月30日のこと;曇、ぶらぶら »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590238/57283468

この記事へのトラックバック一覧です: 4月29日のこと;晴、空を切り取る:

« 4月28日のこと;快晴、ピンが立つ空 | トップページ | 4月30日のこと;曇、ぶらぶら »